ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸とは?を説明

メニュー
コラーゲンとヒアルロン酸でお肌プリプリ記事

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸と聞くと、美容に良いというイメージがあります。女性が使う化粧品などに若さを保つために含まれている美容成分といった認識でしょうか。

ヒアルロン酸というのは、どのようなものなのでしょう。

ヒアルロン酸の体の中の役割は、細胞と細胞の間に多く存在して、水分の保持をして、クッションのような役割で細胞を守っています。

皮膚では、真皮に多く含まれています。
真皮は、肌の土台となるもので、コラーゲンやヒアルロン酸などの成分を含み、皮膚のハリ・弾力に関係しています。

ヒアルロン酸が少なくなった皮膚は肌のハリが無く、皮膚の表面も乾燥してしまいます。また、体の関節に含まれていることは皆さんよくご存知ですよね。

ヒアルロン酸関節の軟骨などに含まれていて、骨のすべりをよくしたり、クッションの役割をしていて、関節の動きをスムーズにしています。
また、目の硝子体に多く含まれています。

これらの体の中のヒアルロン酸は、年齢とともに減少していくといわれています。

1グラムのヒアルロン酸は、2〜6リットルの水分を蓄えることができるといわれています。
保水力に優れるヒアルロン酸は、皮膚に潤いを与え水分をたもつ化粧水、クリーム、入浴剤などに使われています。

また、医薬品にもアルロン酸が使われています。関節機能を改善するため、眼科の手術を補助するため、点眼剤などで、ヒアルロン酸のさまざまな特性が活かされています。

とても私たちの身近にあるものといえますね。


⇒キューサイヒアルロン酸コラーゲン


メニュー