ヒアルロン酸を含む食べ物

ヒアルロン酸を含む食べ物を説明

メニュー
コラーゲンとヒアルロン酸でお肌プリプリ記事

ヒアルロン酸を含む食べ物

ヒアルロン酸はコラーゲンと同じで、年齢とともに減っていきます。
20歳代の人のヒアルロン酸の量を100%とすると、30歳代では約65%、60歳代以降は25%にまで減ってしまうといわれています。
その結果、肌が乾燥したり、シワや毛穴のたるみなどの悩みにつながってしまうのです。
お肌だけではなく、膝など関節の軟骨などに含まれるヒアルロン酸の量も減ってしまっては、関節がスムーズに動かなくなってしまいます。

でも、そんなトラブルを助けてくれる食材があるので、日常から気をつけて摂ってみてはいかがでしょう。
健康はもちろんですが、美容にも効くことを期待して、毎日少しずつでも取り入れて見ましょう。

鶏の皮や軟骨、豚足、ミミガーなどは、ヒアルロン酸とコラーゲンを一度に摂取できる食べ物です。
ちょっと苦手・・という人もいるかもしれません。
調理の仕方を工夫して、美味しく食べましょう。

【鶏の皮を使った料理】

鳥の皮は、ぬるっとした食感が嫌いな人がおおいようです。かりっと焼くと、ジューシーで、香ばしく食べられれますよ。
油で揚げたり、テフロン加工のフライパンで焼いてみましょう。香ばしくいただけます。

【ミミガーを使った料理】

ミミガーは、ベーコンと同じように扱うと、簡単でおいしく食べることができます。サラダや冷やし中華のトッピングにしたり、野菜炒めに入れてみましょう。
食感が嫌いな人は細かく切りましょう。

【豚足を使った料理】

豚足はスープのだしにすると良いですね。肉や皮を食べなくても、スープにエキスが出ていますので、これをいただきましょう。


⇒キューサイヒアルロン酸コラーゲン


メニュー