コラーゲンの効果と役割

コラーゲンの効果と役割を説明

メニュー
コラーゲンとヒアルロン酸でお肌プリプリ記事

コラーゲンの効果と役割

コラーゲンは、化粧品などに含まれる美容成分や、美肌用のサプリメントやドリンク剤として人気ですが、コラーゲンは、化粧品を使ったり、サプリメントを摂ることによって、どのような効果があるのでしょうか。

コラーゲンは、私たち人間や、あらゆる動物の体に含まれているタンパク質です。

肌や骨、軟骨、歯、腱などのほかに、胃や腸などの内臓、血管、目など、あらゆるところに存在しています。

このようにコラーゲンは、美容成分としては、もともと私たちの体にあるものなので、安全で安心の成分です。

肌にも、コラーゲンがたくさん含まれています。コラーゲンが含まれているところは、表皮よりももっと深い部分にある真皮層です。
コラーゲンはそこで、表皮を支えお肌にハリや弾力を与える役割を持っています。

コラーゲンを化粧品などにに使用するときの機能は「保湿」です。

タンパク質であるコラーゲンは、たくさんのアミノ酸からできています。それがお肌に潤いを与えることにつながっているのです。

コラーゲンの1日の摂取量は、約5gといわれていますが、実際、日本人の平均的な食事では3.5gほどしか摂取でていません。
つまり、慢性的なコラーゲン不足の状態といえます。

コラーゲンは皮膚や骨、軟骨に豊富に含まれているので、それらの部分が多く含まれている魚の煮付けや鳥の手羽先などにはコラーゲンが豊富に含まれています。

また、カロリーが気になる場合などは、サプリメントなど健康食品で補うのが簡単です。コラーゲンを摂るときには一緒にビタミンCと鉄を摂ると効果的です。

お肌など美容の面以外にも、関節痛や骨粗しょう症の予防にも役立ちます。


⇒キューサイヒアルロン酸コラーゲン


メニュー